交流分析って、なんかいい! 上級教育カウンセラー
産業カウンセラー
和泉光則 のページです

 
 ☆メニュー☆

 交流分析とは?

  1・自我状態

  2・対話分析

  3・ストローク

  4・人生態度

  5・心理ゲーム

  6・時間の構造化

  7・人生脚本

 演習問題集

 

 トップページへ

 

 

『自我状態』ってなに?

 『自我状態』って何でしょうか?

 簡単に言うと、「人間の心には、5つの状態がある」という交流分析の基本的概念なのです。

 その5つは、下のとおりです。
 ○『支配的な親』(CP)
 ○『養育的な親』(NP)
 ○『成人』   (A)
 ○『自由な子供』(FC)
 ○『順応した子供』(AC)

 たとえば、おかしくて思いっきり笑っているとき、心の中の『自由な子供』と呼ばれる状態が働います。
 たとえば、失敗した同僚を慰めているとき、心の中の『養育的な親』と呼ばれる状態が働いています。
 たとえば、冷静に物事を判断しているとき、心の中の『成人の自我状態』と呼ばれる状態が働いています。

 このように、人間は、その時、場所、状況に応じて5種類の『心』の様々な様相を示すのです。

さて、これらについて、詳しく見ていきましょう。

 [次のページへ> 

pages created by M.Izumi. photos provided by MIHARU.
all rights reserved.
inserted by FC2 system